2014年04月28日

本気で食べる



最近ずっと風邪をひいていまして、

パワーもなく、食欲もわかず、

ここ2,3日の主食はバナナバナナとイチゴイチゴでした。



私が通っている作法教室の師匠が言いました。



ご飯を食べるという行為は、エネルギーを口からからだに入れるという大切な行為

だから、いい加減な食事はしてはいけない



そう言って、かぼちゃのサラダをおすそ分けしていただきました。


はい。肝に銘じます。

食べたくないときはバナナ。なんていい加減なことしてるから、いつまでたっても風邪が治らないんですね。




誰しもこの地球に意味を持って生まれてきていると思います。


生まれてきた。そして、生きる。



この使命を全うする為、エネルギーを得る為、私たちは一生懸命食べなければなりません。




プラス、師匠からの言葉。



食べ物に気を配るだけでなく、ご飯の食べ方についてもいい加減なことをしてはいけません。

お箸の持ち方、食器の選び方。

1回でも食べるという行為を軽く扱ってはいけない



そうですね。

自分自身を形作っている大切な行為。

そして、死ぬまでに回数が限られている行為。



食事をちゃんとする。

つまりは自分を大事にしているということ。



1回でも適当にしてはいけませんね。



そうそう、先日松岡修造さんの著書「人生を変える修造思考!」を読んだのですが、

修造さんも食には真剣勝負で挑むそうですね。


最高のコンディションで食事をするために、1週間前から調整に入り、

直前には呼吸法で胃の状態を高める。


お寿司を最高においしく食べるためのフォームがあり、

ラーメンを食べる前にはエア・ラーメンで箸の上げ下げの素振り。


修造さん、自分のことむちゃくちゃ大事にしてます。






女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | イケてるオンナの 思考 自分を好きになる思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年06月21日

私たちは世界一の美女の素養がある


ミスユニバースの日本代表が決まったそうですね。


最近の代表は日本人が考える日本人の美とは少し違うと賛否両論ですが、

ミスユニバース・ジャパンのディレクターをしているイネス・リグロンさんは言います。



日本の女性は世界1の美女になる素養がある。



なぜなら、ミスユニバースは外見の美しさを競うコンテストではないから。


立ち振る舞い、マナー、知的さ、気配り、強いメンタリティ、

これら諸々内面美も評価しての美人を選んでいるのだそう。



日本で普通に教育・しつけを受けていれば1ヶ月も及ぶ審査でたとえ疲れていたとしても

団体の中で もうワタシつかれた〜 

とじたばたダダをこねるなんて人はいません。


個人主義がそこまで浸透しているわけではないですからライバルとはいえど気遣いはありますし、

お世話してくれる周りのスタッフに対して感謝の気持ちもあらわすでしょう。



こういう日本人らしい奥ゆかしさや忍耐強さは世界では

かなり評価される ”美” なんだと。



こういった理由で、内面美まで評価の対象となると、

日本女性は一気に世界のトップクラスに躍り出るわけです。


日本人女性が世界1位や2位になっているのも納得!というわけです。



ということは、私たちも世界でトップクラスの美女の素養を持っているんです。



英語でmature(マチュア)と言う言葉があります。


成熟したとか、大人とか、分別があるとか そういう意味です。




日本で美というと見た目の華やかさ、若さなんかだったりするかもしれません。


でも、それはみんながそう思っているのではなく、ごく一部の男性の意見、またはそのごく一部の意見を

メディアがまるで全員がそう思っているかのように情報操作をして美人を定義づけているだけかもしれません。


内面美・マチュアな女性ほど美人って意見もどこかにあるはず。


というより、外国では若くて可愛いくて世の中を知らないことをあまり評価させません。


フランスでは女性は年を取っていくほど魅力的になるって言われているようですし、

実際フランス住みの時、フランス男子(+イギリス男子)がそんなことを言っていました。


つまり、私たちは毎日美人度が増しているわけです。


毎日何にも考えないで生きている人なんていないはず。

感情を持った中で人は必ず何かを考えそこから学んでいるはず。


毎日内面美が増しているのです。



年齢が上がってきた事で見た目が・・と自分に劣等感を持ってしまう話をよく聞きます。



成人男性たちが、まるで10代の少女のようなタレント「かわいい」といって夢中になる。

(先日総選挙があったあの人達のようなかんじですか?)

比較的ポピュラーな男性誌の表紙を不自然にバストをよせたビキニの若い女性タレントや、

スクール水着の12歳くらいの子供が飾っている。

それを若い男性からオジさんまで電車の中で公然と嬉しそうに眺めている・・・


とイネス氏も著書でビックリしているぐらい

日本は若さを重宝する文化ですから

若くなくなっていく自分に対してマイナス感情をもつのもわかります。



ですが、年を取らない薬はないのですから、見た目が変化することは止めることはできません。


そこに注目して自分を評価するのをやめましょう。




日本で育った私たちは

ただでさえ内面美が世界トップレベルなのですから、

アタシ美人なの! ぐらいでいいと思います。



海外旅行をする際、いわゆる安宿、

ひとつの部屋に二段ベッドがいくつかあって

知らない者同士が同じ部屋で寝るような施設に泊まることもありました。

シャワーやトイレは共同だったりします。


そんな時、日本人で公共の場を汚す人はあまりいません。

他の国の人だと自分の家じゃないからとやりたい放題の人もいますが

日本人は最低でも現状維持、

なかには元あった状態よりもピカピカにしてみたり。



それに日本人は世界でもトップレベルで約束をちゃんと守る国民性だと思います。



自分で自分の評価はしたらいいし、もしその評価が悪いものであっても

私は日本の女性は世界一の美女の素養があると思います。




女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | イケてるオンナの 思考 自分を好きになる思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。