2014年05月18日

アブダビ旅行記 〜砂漠ホテル アナンタラ・カスール・アル・サラブB


5月初めといえど、砂漠の気温は日中40度を超えてました。

ちょっとしたサウナにいる感じ。

リゾートに来たらプールサイドでトロピカルジュースでも飲みながら読書でも っていきたいところですが、
暑すぎてちょっと無理。

プールは早朝と日が沈むころのみの利用となりました。

IMG_1917.jpg
ほとんど誰もいない・・・

IMG_1930.jpg
夕日はベッドでくつろぎながら。


じゃあ、日中何をしましょうか。
スパでしょ!

ってことで、予約もせずに突撃でアナンタラ・スパに行ってみました。

メニューを見ながら生姜のドリンクを飲みます。
IMG_1818.jpg
おしぼりが、バラに見える。


部屋に案内され、お着替えが済むと銅鑼を鳴らして準備ができたことを知らせます。
174.jpg

まずはソファに座って、足を洗ってもらいます。
171.jpg

172.jpg

アナンタラ・スパのHPだと、部屋から砂漠が見えてる!ステキ!
と思っていたのですが、
私が選んだのはフェイシャル。

目を閉じてるし。
砂漠関係ないわ!

168.jpg

一応部屋から砂漠見えてました。

お値段は忘れてしまいましたが、
フェイシャル60分税込で1万5000円しなくて リーズナブル!! と思った記憶が。
競合ホテルが近くにないのに良心的です。

ここのスパにはジャグジーの類がないようなので比較的お手軽価格なのかも。


【関連記事】

女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | イケてるオンナの スパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月10日

CHI『氣』 SPA   シャングリ・ラ in オマーン



シャングリラのスパ Chi Spa に行ってまいりました。

チュニジアでタラソテラピーしたばかりで疲れなしでしたが、
そこにChi Spaがあるなら行こうじゃないですか。




エントランスを入って受付、問診票?に記入します。
私だけなのか、いつもそうなのか 
代謝を高めるジンジャーティーとか香りの付いたおしぼりとかその手の類はありませんでした。
ちょっと不思議。


施術の時間まではジャグジー・サウナのお楽しみです。

ロッカールームはこんな感じ↓
065.jpg

シャワーやトイレもありますが、個室1個1個が広くて。
贅沢に空間とってます。

ジャグジー(バイタリティープールと呼ばれておりました)がなかなか気持ちよかったです。
トロピカルシャワーなるものもあり、上から横からシャワーが出ます。
匂いはしませんでしたが。

ペニンシュラのスパでもトロピカルシャワーがありましたが、
世間では上から横から出るシャワーのことをトロピカルシャワーと呼ぶのかしら。




着替えて時間になるまでくつろぎます。

071.jpg


067.jpg 

お茶でもすすりながら・・・
068.jpg


施術の棟はは別の場所にあるのでいったん外に出てちょっと歩きます。
キレイな庭な雰囲気が伝わってきたのですが、夜だったので見えず。
でも、まっ昼間だと日焼けが少々気になりますね。

スパルームは何ともオリエンタル。

まずは足を軽く洗っていただきます。
タラソテラピーでは不完全燃焼でしたが、やっぱりこれがあってスパよね。


チュニジアでボディスクラブをしたばっかりだったので、今回はマッサージのみ。
バイタリティマッサージ(60分) というのをやってもらいました。
スウェーディッシュと指圧を混ぜたようなマッサージだそう。


あれ?
前日受付まで行って予約した際は、3つのアロマオイルから1つ選ぶことが出来ると
それぞれのオイルの意味の説明と香りの確認したのに
どれにしますかと一切聞かれませんでしたよ。

3つのうちどれが選ばれたかはよくわかりませんが、
最初はいい香りがしてました。(そのうち鼻がマヒしてくるので…)

施術はとっても丁寧。
当然ですが、ちゃんとバストトップは見えないように隠してくれます。
そう、そう、これなのよ。です。

タラソテラピーのマッサージでだいぶほぐされたと思ってたガチガチの肩は
まだほぐされてなかったみたいで、いっぱいゴリゴリしてくれました。


お会計は55リアル。
サービスチャージ、税金などプラスされ日本円で17000円ぐらい。
タラソのコースと同じぐらいの値段でした。

そうそう、Chi Spa仕様のカシウエアのガウンはショップで15000円ほどで売っておりました。



063.jpg


最高のおもてなしでエステを受けた日はとってもいい気分で眠れますね。

手当という言葉がありますが、
十分なくらいに手を当ててもらって、心まで癒してもらったからかしら。


【関連記事】






女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | イケてるオンナの スパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月07日

30代オンナの一人旅 チュニジアでタラソテラピーA


前回の続き。

タラソテラピーってテラピー(治療)だから、
本来は1週間とかまとまった期間で
ちゃんとお医者様からカウンセリングを受けてじっくり療養するのが本来のやり方だとか。

だけど、時間のないあたくし。
1日体験できるところ、かつチュニスから楽に行けるところってことで
ザ・レジデンス内のタラソテラピーセンターに行くことにいたしました。


【タラソテラピーセンターにて】
施術の前後は施設内の設備は自由に使ってよいので、
予約の1時間ほど前にホテルに到着して受付しました。

ロッカールームはこんな感じ↓
tunis 079.jpg


水着に着替えてプールへGOです。

tunis 073.jpg

タラソ(海)のプールだからしょっぱいのか?
と恐る恐るなめてみると、
やっぱり、しょっぱい!

温度もぬるくて気持ちよくて。

でも、このプール遊ぶためのプールでなく治療用だからなのか?
かなり深い。
どこ行っても水面があごの下ぐらいでした。
タラソテラピーのプールってこういうものなのかしら?



休憩できるよう、お茶なんかもおいてあります。
tunis 072.jpg

地下にはハマムもありました。(写真撮ってません)
男女一緒なので少々恥ずかしくもありました。

そうこうしているうちに時間が来たので、
ガウンを着て指定の場所に待つことしばし。

こんな雰囲気↓
tunis 077.jpg

私が受けたのはタラソテラピーエスケープというもの。
ボディスクラブ、ジェットバス、海藻パック、マッサージの4つで2時間30分のコースです。
担当の方は地元のおばちゃん風の4人。

まずは、ボディスクラブ。
ザ・レジデンスは一応5つ星ホテルなので、
ホテルのエステのようなホスピタリティをちょっぴり期待していました。

が、

おばちゃん、いきなり上半身脱げ。と。


胸元は絶対に見せないようタオルで隠すとか、胸周りは施術するかと確認されるものばかりと思っていたので少々戸惑いましたが、
そこはやはりテラピー(治療)なのでしょう、
塩とオイルにオレンジの香りがついたようなもの?(フランス語で説明されたので全然わかりません)
をわしゃわしゃと体をこすられました。

おっぱい丸出しで!


まあ、女どうしだし、私ももう乙女じゃないからいいですけど。


スケジュール表では30分とありましたが実際は15分で終了。


お次はジェットバス。
大きなお風呂の機械がある部屋に呼ばれます。
おばちゃん機械を操作してスタート。

泡がお風呂のいたるところから出てきます。
部屋の電気は消してるのですが、お風呂が赤やら緑やら七色に変化して癒し効果を狙ってる?
時々冷水が出てきたり、温度の変化もあったりします。

このお風呂も海水です。
これはちょっきり30分。
いいお湯でした。


その次は海藻パック。
スクラブ同様上半身を脱いで全身に海藻パックを塗られます。
もう絶対 made from 海藻 って感じで海藻臭が結構すごいです。

全身塗りたくられた後は
顔から下を日焼けマシーンのようなカプセルに入れられて蒸されます。
これも30分。


最後にマッサージ。
何のオイルだかよくわかりませんがオイルらしきものを塗ってマッサージ。

冷たくないようオイルを人肌に暖めるとか、寒くないよう室温を上げるといった
ようなことはもちろんなく(だってセラピーですから)、
当然おっぱいも丸出しで(だってセラピーですから)淡々と進みます。

ただし、そこはセラピー。
マッサージは超上手。
それまでチュニジアをあっちゃこっちゃ行って疲れに疲れ、ゴリゴリだった私の肩。
絶妙な力でほぐしてくれました。
今までで2番目にサイコー。(1位はシンガポールのスパ・ボタニカのおばちゃん)

上手なのは大変ありがたいのですが、予定時間60分のところ40分ぐらいで終了。
花びらが浮かんだお湯でかかとゴシゴシしてくれたりしてないのに40分って早くない?
もうちょっとやってよ~って言いたいところでしたが
おばちゃんさっさと出て行っちゃった。


チュニジアって観光関係の人でもない限り、英語があまり通じないんですよね。
受付のお姉さんは英語話せましたが、ここのおばさま達はフランス語しか話さないので
コミュニケーションちょっと大変でした。


お会計は250ディナール(17000円程度)。
ホテルのエステだとここにサービス料がかかってきますが
メニュー表通りの250ディナールでした。


ホスピタリティと呼べるものは何もなかったですし、
施術する部屋もホテルのそれとは違って殺風景なただの部屋という感じでしたので
タラソテラピーはエステではなくあくまで治療という事なのでしょうか。


ホテルの施設であってもタラソテラピーはあくまでテラピーなのかについては
いつか他のもうちょっと高級なタラソテラピーを受けて確かめてみたいと思います。





帰りもラ・マルサまでタクシー。
ホテルからタクシーに乗るとホテル価格です。
10ディナールって言われました。(行きは4.3ディナールぐらい)
メーターは使いたくないらしいです。
何台かタクシーがいますが、協定を結んでいるのでどれを選んでもたぶん10って言われるでしょう。

私はメーターじゃないといやなのよ!
という方はホテルの目の前200メートルぐらい先に大通りが見えているのですが、
タクシーたくさん走ってるのでそこで捕まえましょう。

なぜかわかりませんが、行きも帰りもメーターの上がり方がチュニス市内のタクシーよりかなり早い。
私はラ・マルサまで電車で来ましたが、実はチュニス市内からタクシーで来てもそんな高くないのかも。


ということで、今後ザ・レジデンスに行かれる方のためになれば…



【関連記事】


女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | イケてるオンナの スパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。