2014年04月04日

擬態語の取り扱い


今日の知人との雑談。


話していて、どういう人が雰囲気がよいと感じるか

どういう人だと、また話をしてみたいと感じるか について。



まずは、人の話を否定しないこと

ポジティブな発言

プラスの擬態語をうまく使えるとよいでしょう


という結論にいたりました。



擬態語って普段意識しないですが、どんなのがありましたっけ?



心がウキウキルンルン


目がキラキラキラキラ


グングングラフ成長


あの人にドキドキドキドキ


ニコニコにこにこの笑顔


もう、メロメロよだれ (ふるいか?)


毎日ワクワク わくわく



気持ちがプラスになるような擬態語を会話で用いると

その場の空気がポジティブに。

そして、相手も楽しくなるんです。



話す相手の心が躍る盆踊りような、生きた擬態語 を使いこなせたら

会話の達人に近づきますね。



女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | イケてるオンナの ハッピーになる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。