2011年11月15日

人生初玉露


玉露抹茶は高い。


そんなイメージで自分で買ったこともないし、飲んだこともなかった私。


この度、人生初で玉露を体験致しました。



【玉露って?】

新芽が2〜3枚開き始めたころ、ヨシズやワラで20日間ほど覆って

日光をさえぎって育てたお茶が「玉露」。


光を制限して新芽を育てることにより、

アミノ酸(テアニン)からカテキンへの生成が抑えられ、

渋みが少なく、旨みが豊富な味になります。


長い期間日光から遮断されて育った茶葉は緑色が濃く、柔らかいのが特長。


テアニンは、お茶の持つ苦みや渋み、えぐみを抑えてくれます。

だから玉露は甘みが強く感じられ、美味しいのです。


また、テアニンを摂取すると、脳内にアルファー波が出てリラックスするという効果が認められており、

ストレスの抑制にも効果があります。



これ↓が人生初玉露

人生初玉露.jpg

東銀座は鳴神というお店で。

玉露の種類はいくつかありましたが、

私は京都は宇治の玉露をいただきました。700円。


エスプレッソみたいに少量なのがなんか通っぽい。

玉露本来の味を味わうためには50度から60度のぬるいお湯でいただきます。



一口め日本茶

初めての感覚きらきら

とても甘いの。


3杯ほどお湯のお代わりをして

今度は茶葉をポン酢で食べます。


玉露の葉を食す.jpg

玉露って葉が青くて柔らかいから

食べられるんですね。


1度で2度おいしい

ほんのり苦みがあって、でもほうれん草みたいで・・・って

私、グルメリポーターにはなれませんね。


とにかく、お茶ってプロに入れてもらうとこんなにおいしいんだ↑↑

って感じでした。


友達の玉露でないお茶日本茶(白地)もいただきましたが

全部おいしいの。


今まで飲んできたお茶は適当にいれていて

お茶ではなかったような気がします。


茶葉も量って、お湯の温度もはかって

抽出時間もちゃんとしてって

丁寧な仕事したら お茶っておいしいのです。




鳴神

〒104-0061 東京都銀座4-13-3



女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | イケてるオンナの グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。