2011年02月13日

るい友



仲良くしている人たちは本当に類友なのかという話になった。


私の友達。。。

人数はそんなにたくさんいないけれど、種類はバラエティーに富んでいる。

20代前半のギャルもいれば、森ガールもいる。
年上のセレブ女子もいれば、頭がボンバーのような人もいるし、
通訳や建築士といった専門職の人もいる。


私はよく友達同士を引き合わせるのだけれど、
キャラクターが様々なので
いったいどこで知り合うのか。そんなにいろんなタイプと気が合うのか?
と驚かれる。


彼らに共通してるのは外国好きだという点。

考えてみると、仲良くなるのにバックグラウンドや見てくれは関係ないんだな。と。


特別外国好きじゃなくても、仲良くしてる人もいます。

でも、探ってみるとそこにはやはり共通点があるんです。


8割9割方、小学校の時に学級委員をしている人と仲良くしているみたいです。

もしくは、部活でキャプテンやリーダーをつとめていた方がほとんどです。


私自身は、引っ張るタイプでもないし、目立つことも好きではないので
ひっそりと平凡な学生生活を送ってきました。

もちろん、学級委員もキャプテンもやってません。


全然類友じゃないのに、なぜこれらの人とばかり仲良くなるのか。

しばし、自己分析。


末っ子ならではのかまってくれ臭をかぎ取って、
需要と供給がマッチしているというか、
リーダーシップを発揮したくなるのかしら。という結論に至りました。


キャラクターは全然違っても、なぜか引き合う縁という物が存在しているのでしょうね。



今日会った友人に聞いてみました。

小学生の時に学級委員をしていたそうです。


ここまでくると、やはり仲良くなるのは類友なのかな。


4861ab030f7ee3c39082c829ab4bd83e_300_300.jpg



女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分に気づく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月11日

人間の欲求 ☆承認すること  〜マズローの欲求5段階説



マズローの欲求5段階説というのがある。 


人間の欲求は5段階のピラミッドのようになっていて、 

人間の基本的欲求を低次から 


1.生理的欲求=ねたい。食べたい 

2.安全の欲求=安全なところで暮らしたい 

3.所属と愛の欲求=仲間が欲しい 

4.承認の欲求=愛されたい ・認められたい 

5.自己実現の欲求=より良い自分になりたい 


とし、この順番で欲求を満たすべく行動していくことになる。 


とのことである。 



私は、この話をビジネスコミュニケーションのカウンセリングで聞いた。 

どんなにやりたいことがあっても、寝たい!食べたい!という欲求には勝てない。 

逆に自己実現まで本気で求めている人はあまりいない。 

大体の人は承認がほしいのだ。と。 



確かによく考えてみると ストーカー被害など

この”承認”が欲しいがために殺人まで起こっているのだから 

すごい欲求だ。 



寝たいなら勝手に寝たらいいし、友達は自分で作れる。 

しかし、承認だけは人からしてもらうものであって、 

自分ではどうしようもできないからやっかいだ。 



私だって承認がほしい。

お金持ちになりたいやら社会貢献したいやらいろいろ思ってるが、 

実は、今一番欲しい物がこれなのかも。 



人は自分の思い通りにはならない。

変えられるのは自分だけ

自分の思考だったら変えられるでしょ? 


だったら、自分で自分を認めちゃえ!

今まで誰よりも一番長くあなたにつきあってきた あなたですもの。


誰よりもあなたの良さを知ってるでしょ?




女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | イケてるオンナの 思考 ハッピーになる思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月03日

映画 ソーシャル・ネットワーク


見に行ってきました。 ソーシャル・ネットワーク。

平日の昼間だというのに、人が一杯で。

注目度が高いのでしょうか。


ソーシャルネットワーク.jpg


このソーシャル・ネットワーク。

内容はというと、

Facebookfacebookにまつわる訴訟について、

どうやってFacebookができたか から どのように訴訟が終了したかまで。

ビックリどんでん返しがあるわけでもなく淡々と進んでいき、

いうたら興味のない人にとってはど〜って事ない話です。


ですが、トップの人間の思考というものを深読みするとなかなか面白く感じました。



冒頭でハーバード大の主人公が言いいました。


”どうやって満点ばかりの中で、目立つのか。”



よく考えたら当たり前ですが、あらためて思いました。

あ〜、トップになる人間の視点はそういうところにあるのか。って。



Facebookが大きくなるに従って、

無二の親友と思いがずれてくる。

結果、友人は裏切られたと主人公を訴える。



裏切られたと感じた親友からすると、マーク・ザッカーバーグは非情だ。

会社の為に、自分を裏切ったと。


裏切ったマーク・ザッカーバーグを憎くて憎くてたまらないだろう。


でも、逆に考えると

ザッカーバーグはFacebookを世の中に広めるといった信念の元に行動している。

誰にも揺さぶられない ”軸” を持っているとも言える。


もし、相手が絶対ぶれない軸を持っている と思えたら

そりゃ仕方ない。と少しは思えるんだろうか。




トップになる人間は、非情なのか。それとも絶対ぶれない軸があるのか。


私は人に対して非情という言葉をあまり使いたくないと思っている。



トップになる人間は、 絶対にぶれない ”軸” を持っている。

だがそのぶれない軸は、時に周りからは非情と取られるリスクをはらむ。


といったとこだろうか。



う〜ん。トップになるってものすごく精神力がいるね。

私がトップを目指すなら・・・

裏切り者だ。非情だと言われる可能性もある・・・そりゃ相当な覚悟がいるわ。


そんな覚悟も承知の上で信念を貫いている人間が世界のトップになれるのでしょう。



しかし、男の人って女性にもてたいってパワーで

すんごい事が出来ちゃうのね〜

ずらずら書き連ねましたが、これが正直な感想です。




女磨きブログランキングをチェック! orange左やじるし

気に入っていただけましたら ポチッとお願いします
   ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ

posted by 美ライフ推進部 さとみ at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手にレビュー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。